ライト兄弟

今さらライト兄弟の伝記なんて、と思ったがアメリカでベストセラーになったというので読んでみた。今まで知らなかったことや意外なことがたくさんあって面白かった。

 

  • ライト兄弟は、1899年から飛行機の研究を始め、1900年から1902年にかけての3年間は飛行機を操作する仕組みを作り出し、動力が付いていないグライダーで実際に滑空テストを入念に行い、操作方法を身につけている。
  • 飛行機の翼の上面のカーブやプロペラの形は、自宅の工房に風洞を作り模型を使ってテストしている。
  • 当時、飛行機についての知見が集まっていたスミソニアン協会から文献を取り寄せて最新の情報に基づいて飛行機を設計している。
  • 動力飛行に初めて成功したのは1903年12月17日。ほんの40メートル足らずの距離しか飛んでいない。その日の最長飛行でも260メートル程度。私が知っているのはここまで。その後もライト兄弟はアメリカやヨーロッパで何度もデモ飛行を行い、最終的にはフライヤーⅢ号で1時間半を超える時間、高度800メートルで飛んでいる。兄のウイルバーは、ニューヨークでハドソン川沿いに飛んで自由の女神の周りを旋回している。

 

小さな街の自転車屋さんが、思いつきで飛行機に取り組んでたまたま成功したくらいに思っていたけれど、よく考えてみれば当時の自転車は最先端の工業製品。最新の情報もちゃんと取り寄せて、模型を使って実験もやって、グライダーで何度も滑空練習して空中での飛行機の操作方法も身につけてから動力飛行に挑戦している。

 

やるべきことをきちんとやって、成功すべくして成功したのだ。

ライト兄弟: イノベーション・マインドの力

マンチェスター・バイ・ザ・シー

この映画には悪人も登場しないし、ヒーローもいない。そこいらにいる普通の人たちが、巡り合わせでしくじってしまったり、神経質だったり、お酒を飲みすぎたりとそれぞれが何かしらの困難を抱えている。

 

そんな困難は一気に解決することもなく、心の奥底に押し込んだり、ぶちまけたりしながら、なんとか折り合いをつけて1日1日を暮らしていく。つらいことを抱えてぱっとしない毎日が続く。でも、時々はちょっといいことがあったり、クスッと笑える出来事もあることもちゃんと描かれる。

 

舞台となった、マサチューセッツ州マンチェスター・バイ・ザ・シーは海辺の小さな町。冬は灰色の雲に覆われて重苦しい天気が続く。でも、時々は息を飲むような美しい景色を見せてくれる。そんな映画、おすすめです。

 

www.manchesterbythesea.jp

 

 

薔薇の名前

舞台は1300年頃のイタリアのとある修道院。そこで修道士が殺される。院長はフランチェスコ会の修道士ウィリアムを招き事件の調査を依頼する。ウイリアムと彼の弟子アドソは修道院内で調査を始めるが、その中でも次々と修道士が殺されていく。事件の鍵は古今東西の本を収蔵する文書館。

 

 馴染みが薄い中世のキリスト教修道院の話で、400ページの大部が上下2巻と読むのに苦労するかと思いきや、小説の世界にグイグイ引き込まれる。

 

中世への興味を掻き立てられる本です。 

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈下〉

私の実家は海のすぐ近くにある。

 

歩いて3分で海岸に着く。夏になると、家で水着に着替えて浮き輪を腰にセットして海まで歩いた。午前中から泳ぎ始めると、昼頃に母がおむすびとスイカを持ってきてくれる。それを食べて夕方まで泳ぐ。

 

昼間は暑いので、夕方、日が傾いた頃から泳ぐこともあった。5時過ぎくらいにやおら海岸に行ってしばらく泳ぐ。海にプカプカと浮かびながら日本海に沈んでいく真っ赤な夕日を眺める。太陽から自分に向かって一本の光の道ができる。日が沈んだ後に空が一瞬真っ赤に染まり、藍色から黒へゆっくりと変わっていき、星が瞬き始める。そんな景色を眺めながらおむすびと重箱に詰めたおかずの晩御飯を食べる。その頃には心地よい風が陸から沖に向かって吹き始める。風があるので蚊に刺されることもない。

阿含経典 3

増谷文雄が阿含経典の中から重要なものや、釈尊の言葉をよく伝えている文章をを選んで解説し現代語訳したもの。中部経典と長部経典、釈尊の入滅を扱う。

 

中部経典の一夜賢者経から、

過ぎ去れるを追うことなかれ

いまだ来らざるを念うことなかれ

過去、そはすでに捨てられたり

未来、そはいまだ到らざるなり

されば、ただ現在するところのものを

そのところにおいてよく観察すべし

揺るぐことなく、動ずることなく

そを見きわめ、そを実践すべし

ただ今日まさに作すべきことを熱心になせ

たれか明日死のあることを知らんや

誠に、かの死の大軍と

逢わずというは、あることなし

よくかくのごとく見きわめたるものは

心をこめ、昼夜おこなることなく実践せん

かくのごときを、一夜賢者といい

また、心しずまれるものというなり

 

入滅の際の、釈尊の最後の言葉

諸法は壊法である。放逸なることなくして精進せよ。

 

大事なところを選んでいるので、口伝えで受け継がれてきた文章独特のしつこいくらいの繰り返しの部分が省かれている。元々の経典のリズムを感じられないけれど手っ取り早く理解するにわかりやすい。

 

原始仏典を一通り読んで感じるのは、釈尊の教えは全然古びていないということ。心穏やかに過ごすためにどうすればいいのか、その実践方法は今でも十分に通用する。

阿含経典〈3〉中量の経典群/長量の経典群/大いなる死/五百人の結集 (ちくま学芸文庫)

宝箱 1円以上入っている

朝のランニングで、近所の小学校のグランド横を通ったら、グランドを囲う塀の上に菓子箱のような白い箱が置いてあった。上蓋に鉛筆書きで「宝箱」と大きな字で書いてある。その後に「1円以上入っている」と続いている。

 

「なんだこれ。」と思わず立ち止まってしまう。蓋を開けようか3秒くらい迷う。この箱を残した人は、蓋を開けさせるために「宝箱」とか「1円以上入っている」と書いたのだろう。嘘つくなら100万円と書くだろうから、多分1円玉は確実に入っている。ギョッとさせるような物も一緒に入っているはずだ。鳥の死骸か犬の糞か、そんな類の物。

 

とここまで考えたところで、そのまま走り出す。それだけの事だけれど、家に帰ってからもあの箱には何が入っていたんだろうと気になる。

自由への旅

ミャンマー上座部仏教の僧侶であるウ・ジョーティカ師が、ウィパッサナーと呼ばれる上座部仏教で伝統的に行われている瞑想法の詳細を述べた本。オーストラリアで行われた瞑想についての連続講義をまとめたもの。仏教のバックグラウンドがないオーストラリア人を相手に語る内容なのでわかりやすい。

 

瞑想の深まり具合を11の段階に分けて詳しく解説する。噛んで含めるように丁寧に解説してあるので、瞑想を実践している人にとっては非常に有効な指針になる。

自由への旅: 「マインドフルネス瞑想」実践講義