最後の「天朝」下 毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮

中国と北朝鮮の関係の深層に迫る長大な本。下巻はソ連でフルシチョフがスターリン批判をはじめた1956年から毛沢東と金日成が最後に会談した1975年までを扱う。 スターリン批判後のソ連とも袂を分かち、資本主義の親玉のアメリカとも対立した中国にとって唯一…

珉来

昼飯に中華が食べたくなり若宮の珉来に行く。前は何度も通ったことがあるけれど、お店に入るのは今回が初めて。10台以上はありそうな駐車場がいっぱいだった。お店に入ると、テーブル席を待つお客さんが列をついている。私は一人だったのですぐにカウンタ…

昼ビール

風は肌寒いけれど、真っ青な空にキラキラした陽射し。居ても立っても居られない気持ちで、あてもなく家を出た。とりあえずどこかでお昼ご飯を食べようと武蔵ヶ辻から香林坊に歩く。ただ青空を眺めているだけで気持ち良い。日陰に入ると半袖のポロシャツでは…

最後の天朝 上 毛沢東・金日成時代の中国と北朝鮮

近年、ロシアや東欧諸国、中国、アメリカで公開されはじめた公文書を元に、1945年からの中国と北朝鮮の関係を掘り起こしていく。関係者の個人名や地名が詳細に記されていますが、その辺を適当に読み飛ばしても読み物として大変面白い。 なるほどと思ったのは…

お酒

お酒を飲むのを少し控えようと思っている。夜にお酒を飲まないとぐっすりと眠れるのだ。飲んで酔っ払うとすぐに横になって寝てしまうのだが、3時間くらいで目が覚めてしまう。眠りも浅い。また、日中はすぐに眠くなるし、心なしかいつも体がだるい。 今まで…

負債論 その2

著者は富の配分には3種類の方法があるという。 1つ目は、「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る。」という共産主義的な方法。いやいや、共産主義なんて今更ないやろと思ったが、よく考えてみると家族の中や、親しい友人同士、会社の組織内の小さな集団…

負債論 貨幣と暴力の5000年

連休中にザクッと一通り読んだけれど、内容が盛りだくさんで受け止めきれていない。注釈や参考文献に目を通しながらもう一度じっくりと読みたい。 著者は人類学者。まず、経済学の教科書でよく出てくる貨幣の起源に関する物語をきっぱりと否定する。昔々、あ…

鉄板イタリアン(寿がきや)

連休最終日のお昼ご飯。私はあまり食欲がなかったが、娘が何か美味しいものが食べたいというので、冷蔵庫に1食だけ残っていた、寿がきやの「鉄板イタリアン」を作った。玉ねぎとパプリカをスライスし、ソーセージと一緒にフライパンで炒める。そこに、茹で…

チキンヌードルスープ

連休中の食べすぎで、胃がもたれているような感じがするので朝食にチキンヌードルスープを作ってみた。 玉ねぎ、にんじん、キャベツ、鶏肉、ベーコンを賽の目に刻んで、鍋に投入して煮る。途中で中途半端に残っていたスパゲティをぼきぼきと細かく砕いて入れ…

マカロニサラダ

風が強くカラッと晴れた土曜日の午後、マカロニサラダをつまみながらビール飲んだらうまいやろなと、ふと思う。具は卵にハムにきゅうりにしょうか、いやいや、この前義父からもらった新玉ねぎがあるので今日は玉ねぎとツナにしよう。 4時過ぎにスーパーに行…

自転車部

4月から東京で大学生活を始めた息子と、4月29日に大阪の妻の実家で落ち合う。妻の両親に進学の報告を兼ねてみんなでご飯を食べた。サークルは何するの?と聞くと、自転車部の競技班に入るとのこと。 思えば、彼は15年前に私がロードバイクを買って乗り始め…

黒百合

連休の谷間の5月2日。仕事を休んで朝は家でのんびりと過ごす。9時過ぎにランニングに出かける。今日は田上のカーマまで。往復で1時間8分。 昼前に母の生存確認のために実家へ行こうと金沢駅に向かう。黒百合を覗いてみるとカウンターが空いていたので、昼…

ヒトラー(下)1936-1945 天罰

下巻は1936年のラインラント侵攻から1945年のヒトラーの自殺まで、怒涛の9年間です。 ヒトラーがユダヤ人を差別しヨーロッパから追い出そうと呼びかける演説の表現がえぐい。ユダヤ人を害虫や病原菌に例え、ユダヤ人をヨーロッパから抹殺しないと自分たちが…

ヒトラー(上)1889-1936 傲慢

上巻が607ページ、下巻が863ページ、しかも2段組の大著。 「ヒトラーが史上稀に見る極悪人で、ヒトラーが全部悪い。ヒトラーさえいなければあんなことにならなかった。」と考えるのか、「ヒトラーがいてもいなくても変わらなかった。時代の状況であんなこと…

春休みが終わって、新学期が始まった娘。初日は始業式と新しいクラスの発表。前の晩に、クラスのメンバーがどうなるかを矢鱈と気にかけて、「あー、いいクラスに入れればいいな。変なクラスになったら最悪や。」とぼやいていた。自分の時は、クラスのメンバ…

さくら

今年はいつもの年よりも桜が咲くのが早くて、4月3日には金沢市内は満開になった。平日だったけれど、暖かい陽気に誘われて、仕事を2時間早く切り上げて自転車で街中をうろうろして来た。 金沢城、石川門の下、沈床園の桜。そこここでブルーシートを広げて花…

鯖サンド

土曜のお昼ご飯をどうしようかと、冷蔵庫の中身を確認すると2日前に特価品で買ってきたさばの切り身がある。できれば今日中に食べてしまわないとまずい。塩焼にご飯もいいけれど、前から一度試してみたかった鯖サンドを作ることにした。 フランスパン、レモ…

協力がつくる社会 ペンギンとリヴァイアサン

人間が行動を起こす動機は、ひと昔前の経済学者が言っていたように報酬や処罰(インセンティブ)だけではないというお話。共同体のために役に立ちたいとか、正しいことをしたいとか、良い評判を受けたいという理由で、人は利他的に行動するのだ。 私たちは天…

OH LIFE のパン

武蔵ヶ辻のハコマチの裏にあるブックカフェ、OH LIFEに立ち寄る。ここはスープとパンを使った料理がうまくて、休日の朝ごはんをここで食べると1日幸せな気分になれる。 今回はフレンチトーストを食べてみた。小さめの食パンを分厚く切ったフレンチトースト…

いなさで蛍烏賊

仕事の帰りにちょっとだけのつもりで、別院通りの「いなさ」に立ち寄る。 席に座るなり、「今日は蛍烏賊があります。」とご主人が教えてくれる。聞くとその日の未明に富山市の海岸で蛍烏賊を網ですくってきたとのこと。大漁でバケツに一杯くらい獲れたそうだ…

春キャベツとレタスのサンドイッチ

日曜日の昼ごはんにサンドイッチを作った。冷蔵庫に中途半端に残っていた春キャベツとレタス、ベーコンを使う。 サンドイッチにたまごサンドは外せない、まずはたまご3個をゆで卵にする。固ゆでにしたのを細かく潰してマヨネーズとマスタードで和えて塩胡椒…

引越し

4月から東京で一人暮らしを始める息子の引越しを手伝ってきた。 息子が前日に一人で東京に入り不動産屋さんで入居手続きをしたところに、私が次の日に合流して、二日かかりでライフラインの開通手続きやら、家具や生活用品の買い出し、金沢から送った荷物の…

モラル・エコノミー インセンティブか善き市民か

私は、大学で経済学を学んだこともあり、いろんな社会問題はできるだけ市場システムを導入して解決したらいい、人々の心がけに訴えたり啓発活動をするよりも、いろんなものに値段をつけて市場で取引することで効率的に解決できるはずだと思っていた。 どうも…

ひとりのみ

息子の大学受験の結果を聞いてほっとした。1年間の浪人生活を乗り切ったのは息子だけど、私も肩の荷がおりてほっとした。 今晩は妻が仕事なので、一人で祝杯をあげようと、駅前の居酒屋へ出かける。予約でほほ満席だったが、なんとかカウンターの端っこに座…

ブルームーン

近江町市場の裏手にある、アメリカとメキシコ料理のお店。 がっつりとハンバーガーを食べたくなり、妻と息子を誘って出かけた。息子はベーコンバーガー、妻はベイクドマッシュルームベーコンチーズバーガー、私はチリバーガー。付け合わせは息子と私がフライ…

タンドゥール

名古屋駅前の迷路のような地下街の南側の端、ミヤコ地下街にあるカレー屋さん。 30年以上前に名古屋で浪人生活を送っていた時に、予備校をサボって映画を見た後に何度か立ち寄った。その頃はトヨタビルの地下にあったはず。当時はスパイスが効いたインドカ…

Craft Beer Dive Futa’s

休日の昼過ぎにビールが飲みたくなると行きたくなるお店。クラフトビールがおいしいのはもちろん。外に向けてガラスが広くとってあって、午後の陽射しで店内が明るいのがいい。マスターものんびりした空気を振りまいてくれる。適度に空いているカウンターに…

ランニング

9時に家をでてランニングに出かける。 日差しが暖かい。つい1ヶ月前に雪に埋もれていたのが嘘のようだ。1週間前から朝にスクワット、プランクをして、夜にストレッチを続けているからなのか、走り始めの感触がいい。今日もゆっくり、ゆっくり走る。お店のガ…

水溶液の濃度

中学2年生の娘、期末試験の結果が思わしくなく、妻に懇懇と説教されていたと思ったら、コタツでチーズ鱈をつまみに焼酎のお湯わりをすすっている私の向かいに座り、勉強を教えてくれという。問題集を見ると理科の水溶液の濃度計算だ。 40度のお湯に50グ…

情報と秩序

経済というと、富を蓄積する、あるいは富を配分する方法を考えることを思い浮かべる。 しかし、この本の著者、セザー・ヒダルゴは、情報やノウハウを生み出してそれを製品という形で具現化することが経済活動だと定義する。ジェット旅客機やスマホなどの複雑…