読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅田でお買い物

子供たちを妻の両親に預けて、妻と梅田へぶらぶらしに出かけました。西梅田の「ハービスプラザ」へ。私が学生の頃、この辺は何も無い場所で、南海部品に買い物に来るぐらいしか用はなかったのに、えらい変わり様です。


まず、北欧ものの雑貨や家具を売っているお店に行きまいした。あこがれのエッグチェアが展示してあったので、我が物顔で、ゆっくり座らせてもらい、座り心地を試してみる。名前のとおり、卵の殻で守られていつような感じがして安心感があります。かっこいいなぁ、¥559,000.。椅子には手が出ませんので、マグカップを買いました。


次にエノテカへ行くと、ランチが食べられるというので、昼飯はそこで。日替わりランチがグラスワインが付いて、\1,000。料理は豚肉の白ワイン煮込みで味も量も満足でした。妻が食べた生ハムのサンドイッチもうまそうでした。帰りに、夕食用に赤ワインを1本購入、\1,950。

ブランドショップを冷やかして歩いたあとで、デジカメを買いにヨドバシカメラへ。こちらは、ものすごい人手。気後れしてしまい見るだけでにする。最近は携帯電話のカメラが結構きれいに取れるので、デジカメをわざわざ買うなら、少々かさばっても望遠レンズが付いたタイプにしようと思っています。


妻がお兄さんのためにネクタイを買うというので、阪急百貨店に行きました。妻が選ぶのを横で見ていると、どうも無難なものばかり手に取っています。ネクタイは、「うぇ、こんなのありえんやろ」というを買うと、結構良かったりするとアドバイス。オレンジと紺のストライプ柄を買いました。見ていると、自分のもほしくなり、緑と白と赤と水色のストライプのネクタイを買いました。店員さんにも、「錦鯉みたい」と言われるぐらい派手で、本当に「ありえない」かも。
最後に地下で、夕食用にラムチョップとステーキ肉を買い、地下鉄御堂筋線に乗って帰宅。


売っている物の種類は金沢とは桁違いで、こんなところで生活していたら物欲が暴走して身が持たないと思いました。でも、こんなところで思いっきり散財して、手に持ちきれないくらい紙袋をぶら下げて歩いてみたいものです。


写真は地下鉄のホームです。梅田駅のホームの南側の天井はドーム型になっていて開放感があり、照明も面白い形をしていて好きな場所です。