読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手帳

分単位でスケジュールが埋まるほど忙しいわけでないので、あまり手帳をつかったことなかったのですが、ブログを始めてから、ものを書くことに関心が向いてきて、手帳に日々思いつくことを書きたくなりました。ブログに書くのもいいのですが、思いついたときに紙にサッと書いておきたいのです。


早速手帳をいろいろ探してみました。私は字が汚いし小さい字を書くと自分でも後で判読できなくなるので、大きめのもの。仕事のことも仕事に関係ないことも全部1冊にまとめて書きたいので、たくさん書き込みが出来るもの。たいしたスケジュールもないので、週間スケジュールや1日のうちの時間まで書くようなスケジュール欄は不要。月次スケジュール一覧があれば十分。


1日1ページのほぼ日手帳がいいかなと思ったのですが、自分があまり使わなさそうなこともいろいろと書いてあるので、シンプルなモレスキンにしました。持ち運ぶにはちょっとかさ張るのですが、たくさん書けることを優先してラージサイズに、主に書くのは、日々の「To do」なので、日付入りでないものにしました。スケジュール帳は、他に薄いものを買って後ろにこの手帳の後ろにはさんでおくことにしましす。


思い起こせば、仕事では、あるシステムの立ち上げプロジェクトをやっているときや、プライベートでは引越しのときなど、手帳に予定を書いておかないと本当に訳がわからなくなることもありました。


ソニーのクリエを使ったこともありましたが、次々に新しいのが出てきて目移りするし、データの継承もままならず、どちらかというと使っていること自体が目的のようになってしまいました。書きやすさや、データの保存性を考えると、紙の手帳が安心できる気がします。


普通のノートに書きゃいいだろ、と言われればそのとおり。でも、どうにも形から入りたい性分なもので。