読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエローストーン国立公園

野外活動

イエローストーン国立公園は、サンノゼから約1500Kmの距離にあります。
96年の夏に、車にキャンプ道具を積んで、妻と二人でキャンプに行ってきました。行きは、ネバダの砂漠の中の町のモーテルで一泊して、2日目の夕方にイエローストーンに到着しました。


早速キャンプ場で、テントを張って、夕食用にご飯を炊いていると、背後になにやら気配がします。振り向くと巨大なバッファローがすぐ近くで草を食べていました。ギョッとして、少し遠くへ避難し、しばらく様子を見ていました。のんびりと草を食べているだけで、特に襲い掛かってくるような雰囲気はありません。普通の牛とそんなに変わらないようです。立ち去ってくれる気配もないので、お互いに微妙な距離を保ちながら、私は晩御飯の準備をしていると、バッファローは夕暮れとともにどこかへいなくなりました。


翌日から、3日間公園の中をあちこち見て回りました。ヘラジカ、ビッグホーンシープ、コヨーテなど、いろんな動物を見ました。バッファローは野原に群れになって何百頭もいて、そんなに珍しいものでもないようでした。火山地帯なので、間欠泉がたくさんあります。そこかしこで温泉もわいています。入浴できるところはないかと探してみましたが、無いようでした。


帰りは、ソルトレークシティで1泊しました。車やバイクの最高速度記録の計測なんかで使われるボンネビルの塩原もみてきました。見渡す限り真っ白の塩の大地のなかで、誰も見ていないのをいいことに立ちションして気分良かったです。


「子どもたちと一緒に、イエローストーンでまた、キャンプしたいね。」と妻とときどき話しをしています。お金も時間もかかるけれど、来年、思い切って2週間くらい休みをとって行こうかしら。