読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンタブレット

ここ数年、うちの年賀状は、私が腕によりをかけて図案を考え、家族の写真を編集・加工して年賀状にしていました。


「今年の年賀状どうする?」妻に聞くと、「もう写真はいいや、今年はあっさりと子どもに絵を描かせて年賀状にしよう。そんなに年賀状を書きたい気分でもないわ。」言います。


少し寂しい気もしながら、プリンターを買ったときに付いてきたお絵かきソフトをインストールして、子どもに何か描いてもらおうとしたのですが、シリアルナンバーを書いた紙をなくしてしまいインストールできませんでした。


適当なソフトでも買ってくるかと、子どもと2人で電気屋さんに行きました。パソコンコーナーにペンタブレットのデモが置いてあったので、何気なく試してみると面白い。子どもにもやらすと大喜び。棚を見ると、写真加工ソフトとお絵かきソフトもセットになっています。普通の年賀状ソフトに比べると、ちょっと高いけどこれにしようと、子どもと意見が一致して買いました。


家に帰って、やってみると面白い面白い。紙の質感やペンのタッチをいろいろと選べたり、微妙な色合いや濃淡も自由自在に表現できます。マウスと違って筆圧で細かい表現ができます。紙の上に描くわけではないので失敗を気にすることもありません。私と妻と子どもで、いのししを描いてそれを元にあっさりと、図案を作ろうということにしました。






というのが、一週間前のお話。凝りに凝った、何十匹もの「イノシシ」や「おけましておめでとうございます」のたくさんの図案ができました。でも、まだ完成していません。これから仕上げます。


全然あっさりしてない、手間かかりすぎです。