読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重要性の原則

企業会計は、定められた会計処理の方法に従って正確な計算を行うべきものであるが、企業会計が目的とするところは、企業の財務内容を明らかにし、企業の状況に関する利害関係者の判断を誤らせないようにすることにあるから、重要性の乏しいものについては、本来の厳密な会計処理によらないで他の簡便な方法によることも正規の簿記の原則に従った処理として認められる。

企業会計原則の1つ。大勢に影響を与えないような、どうでもいいことは簡略化して、肝心なところは詳細に処理しようということです。どうでもいいことを厳密に処理するために手間かけていると大事なところを見落とします。


何が大事かを考えることもなく、既存の規定を無闇に厳密に適用しようとしても、議論が蛸壺にはいってアホらしいことになります。


重要性の原則が通用しない世界は何かと疲れます。