読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

科学教室

息子

この2年間、息子がお世話になってきた科学教室の研究発表会に行ってきた。6年生のグループが、自分たちの研究結果をパワーポイントにまとめて10分程度で発表した。風力発電の風車はどうやったたら早く回るのか?ナメクジはどんなにおいがすきなのか?空気砲の煙はどうやったら遠くまで飛ばすことができるのか?など全部で10グループ。


研究の内容がおもしろいのはもちろん、発表の仕方も、グラフや写真を見せて解りやすくなっているし、うまくいかなかった過程も率直に発表していて、それはそれでおもしろかった。2時間飽きずに聞かせてもらった。息子のグループは、シャープペンシルの芯で電球を作り、どうやったら長く、明るく光るかを発表してました。データの取り方が少々甘いような気がしましたが、光る電球に夢中で大騒ぎしているうちに忘れたのでしょう。


パワポの原稿も上手くまとめていたので驚きました。