読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯辰山

7月頃から週に3回くらいのペースで走っている。コースは小橋の自宅から東山の交差点まで歩く。交差点から走り始めて東山の街を抜けて天神橋から常盤橋まで浅の川の右岸を走り、常盤橋を渡って鈴見橋まで行き折り返し。天神橋まで戻ってから卯辰山を登り、山の上の交差点に降りて終了。そこからは歩いて自宅に戻る。所要時間は1時間10分くらいか。


以前は何日か走るとすぐに左ヒザに痛みを感じたので、せいぜい週に1日しか走れなかったが今回は調子がいい。平地を無闇に長い距離走るのを止めて、途中に卯辰山の登りを入れたのがいいのかもしれない。登りはあまりヒザには負担がかからない。それから、出来るだけかかとから着地しないようにしている。つま先立ちで走るわけでないが、足の裏全体でやわらかく着地するよう意識している。


早朝の卯辰山は気持ちがいい。ウォーキングの人、走る人、自転車の人がそれぞれのペースで行き来する。頂上の望湖台ではラジオ体操をする人達もいる。顔見知りになった人もいる。8月の中ごろまではセミがうるさいくらいだったが、気がついたらこおろぎが鈴虫の声が目立つ時期になった。


走ることが習慣になると体の調子がいい。ビールも気持ちよく呑めるし。ヒザの様子を見ながらもうしばらく続けよう。