読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽装工作

知り合いと急に呑みにいこうということになって、その居酒屋で呑んでる最中に、「急遽呑みにいくことになって奥さんに連絡するのを忘れたらどうするか。」という話になった。

 

私の場合。たいていはちょっと遅くなっても電話するけれど、朝喧嘩して妻の機嫌が悪そうなときなんかは電話しそびれて、呑んでいないふりをすることもある。ただいまと、玄関を開けたら「はぁー、疲れた疲れたと。」つぶやきながら一目散に風呂にかけこみ、風呂から上がったら冷蔵庫からビールを取り出して一気飲みする。こうするとアルコールくさい息の臭いには気づかれない。でも、冬場は、揚げ物とタバコの臭いが混ざった独特の居酒屋臭がスーツにしみついているのでたいていバレる。

 

3回に1回はバレしまって、いっそう険悪な空気になるけれど、いまだに懲りずに同じ過ちを繰り返している。