読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古巣

仕事

お仕事で、ある会社の半導体工場に見学に行ってきました。5年前までは私も、同業種の工場で働いていました。


会議室に案内されて、工場の説明をひとしきり聞かせてもらいました。廊下に展示してあるウエハーを見ると、最新のものはデカイ。私が見たことあるもののる、1.5倍あります。この大きさになると、人でで運ぶのは無理とのこと、装置間のロットの移動はほとんど搬送装置がやるそうです。


「ここは、オリフラじゃなくて、ノッチタイプなんだ。」とか「そうそう、クリーンルームはこんな感じね。」とか「最近のチップの配線は7層もあるのか」と昔を思い出しながら見ていました。


外に出て、空調装置の冷却塔や、変電施設のうなりをを聞いたり、どこからか、社員食堂のにおいがしてくると、懐かしい気持ちになりました。工場では、夜中まで働くことになると、夜勤の人用の社員食堂で晩ご飯食べていたのですが、メニューが、カレーとシチューの2種類が日替わりで出てくるだけなので、げんなりしながら食べていました。


10年間、朝から、夜中まで、へろへろになりながら働いていた場所を思い出して、思わず胸が熱くなります。みんな、どうしてるかなぁ。同期のエンジニアはそろそろ課長さんになってるはずです。


今の仕事は、そこそこ楽しくやってるけど、あの頃くらい一生懸命やってるかなと、少ししんみりしてしまいました。