高儀町(こうぎまち)

通勤用の自転車、ブリジストンのアルベルトの後輪のタイヤがすり減ってほぼ丸坊主状態になったので、タイヤ交換のために金沢市民芸術村の裏にある自転車屋に行った。1時間くらいで作業終了するとのことだったので、夕方取りに来ることにしてフラフラと玉川…

健康な生活

ゆっくりとではあるが体重は右肩上がりが続いているし、去年の人間ドックで血圧が高いと指摘されたこともあり、生活を整えることにした。 食事については、 まずは食べ過ぎないように気をつけている。朝はヨーグルトに果物、グラノーラを少し。昼は大きめの…

無形資産が経済を支配する

経済の停滞と格差拡大が長期に続いているのは何故なのか? この問題に対して、著者は、「投資における無形資産の重要性が増大しているから。そして無形資産の重要性が増しているにもかかわらず、既存の会計制度では無形資産の実態を把握することができず、ま…

瀬戸酒店経由の黒百合

土曜日の午後、陽気につられて散歩に出かける。 武蔵ヶ辻、香林坊、片町と歩いて、犀川大橋を渡り蛤坂を登る。妙立寺の前を通って、六斗の広見から旧鶴来街道を歩く。途中で以前から気になっていた、瀬戸酒店さんに立ち寄る。何が気になったかというと店の入…

道徳感情論

4年ほど前に購入して、何度も読み進めようとしたものの、毎回、100ページを過ぎたあたりで挫折しほったらかしになっていた。今回は不思議と調子よく読み進められた。 みんなが自分の利益のことだけを考えて商売をすることが、結果として社会全体に必要な物を…

コロナショック・サバイバル 日本経済復興計画

コロナショックで、まず、飲食、ホテル・旅館、観光業の売上が一瞬にしてなくなり、ローカルビジネスが大打撃を受ける。それにより、耐久消費財の需要が大幅に落ち込み、自動車、家電などのグローバルビジネスも危機的状況に陥る。そこから、金融危機になり…

ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀

新自由主義経済学は、格差と引き換えに経済成長が進むことを約束していたが、現在は、成長率の減速と格差の拡大が同時に進行する状況にある。これを著者は「スタグネクオリティ」と呼び、現在の市場経済が解決すべき問題と位置付ける。 著者は「スタグネクオ…

遊穂

この前の日曜日に彦三の酒屋「カガヤ」さんへ連休中に飲むお酒を買いに行ってきた。いつもなら4合瓶で買うのだが、しばらく家に篭ることだしと、買い物の回数を減らさなきゃいけないしと言い訳して一升瓶で買った。買ったのは羽咋市の御祖(みおや)酒造の…

金沢駅の西側へ散歩

抜けるような青空に誘われて散歩に出かける。この連休中に卯辰山界隈には何度も出かけているので、今日は金沢駅の西側へ向かう。 瓢箪町から別院通りを経由して金沢駅へ。もてなしドームとコンコースには本当に数えるほどしか人が歩いていない。人の途切れる…

建築の東京

出張で東京に行くと、東京駅周辺の変貌ぶりに驚く。特に丸の内側には超高層ビルが林立し、東京駅を見下ろす壁のようになっている。湾岸ではタワーマンションも次々と建設された。私が東京に住んでいた1990年代の印象とは全然違う。鉄道の新路線が開通し…

鳴和の滝

コロナウイルスが騒動になって以来、ランニングは控えている。人とすれ違うときに、走りながらウイルスを撒き散らしているような気分になるからだ。ただ、体は動かしたいので、休みの日は1時間は歩くようにしている。今日は東山から鳴和にかけて歩いた。 ま…

いなさ でボトルワインの持ち帰り

今週、栃木県日光のお肉屋さんからサラミの両端の切れ端を買った。500グラムで700円と随分安かったので生ハムの切れ端と一緒にネットで買ったのだ。サラミをつまみにワインを飲もうと、仕事帰りに酒屋に立ち寄ろうと自転車を走らせていたところ、もしかした…

ベランダで朝飯

明るい日差し、青空、窓を開けても心地よい暖かさ。ベランダにキャンプ用の椅子とベッドを並べて朝ごはんを食べた。自宅待機の暇にまかせて、妻が昨日焼いたフォッカチャとリンゴだけの簡素な朝ごはんだけど、外で食べると気分がいい。妻と娘と私の3人で、2…

そして、みんなバカになった

橋本治が好きかどうかと聞かれると、ものすごく好きという訳ではない。なんでも根っこからひっくり返して考え始めるし、思いもかけない細かいところにこだわるので、いちいち説明が面倒くさいのだ。でも、1年に1度くらい、無性に読みたくなる。特に、これか…

宿無し弘文 スティーブ・ジョブズの禅僧

スティーブ・ジョブズが禅に入れ込んでいたのは有名な話だ。アップル製品の無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインは禅の考え方に通じるとも言われる。また、ある日本人のお坊さんを師匠のように慕い自宅に招いて様々なことを相談したり、1991年にヨセミテの…

うちで踊ろう

先週の土曜日、1階の部屋で本を読んでいると、娘がピアノ弾きながら歌の練習を始めた。娘は高校の合唱部に所属している。今回の新型コロナウイルスのせいで、3月の上旬から部員が集合しての練習はほぼできていない。家で腹筋などのトレーニングや発声練習な…

迷うことについて

「隔たりの青」というタイトルのエッセイと、彼女の家族や恋人、友人のことをふりかえるエッセイとが交互につづられる。東欧から祖母がアメリカへ移民したあとの波乱の人生、ネバダの砂漠の一隅に引きこもる恋人を訪ねたこと、友人が自殺したことなど。 衝撃…

何を優先すべきか

新聞では、コロナウイルスの影響で2020年の経済成長率はマイナス3〜6%になる見込みとある。これまでの私であれば、「これは大変だ。大不況、失業者が大幅に増える。どんな手段を使ってでもマイナス成長避けなければ。」と受け止めただろう。今は、「多少…

執念深い貧乏性

栗原康さんの本には中毒性がある。粗野でガサツな言い回しで、一見何ら関係のない体験談、例えば実家で飼っていた猫がおじいさんに捨てられたけれど、3日ほどで戻ってきた話、長渕剛の「Captain of the ship」歌詞の引用が続いて、安心していると話が急展開…

夕方の散歩(東山から卯辰山)

一日中家にこもっていると気持ちがクサクサしてくるので、土曜の夕方に散歩に出かけた。人混みに遭遇しないように、東山から天神橋、そこから卯辰山に登り、望湖台をすぎて、金沢卯辰山工芸工房の脇から再び 東山に降りてくるコース。 東茶屋街は洋食の自由…

ペペロンチーノ

昨日判明した石川県内の新型コロナウイルスの感染者数が20人。人口あたりの感染者で比較すると、東京都と遜色ないくらい多い。何ができるわけではないが、少なくともこの週末は買い物に出かけるだけにして、家でおとなしくしていようと思う。 一週間分の食…

卯辰山 桜 散歩

天気が良いので、妻と一緒に桜を眺めに卯辰山を散歩してきた。 まずは、馬場児童公園。ここは公園を取り巻くように桜がびっしりと咲いて美しい。近所の人が日常の延長として桜を愛でている雰囲気がいい。私的には金沢で一番好きな桜。 東茶屋街の宇多須神社…

シトロエン2CV

先週の日曜日、近所を散歩していた時に、2CVを見つけた。 2CVというのは、フランスの自動車メーカー、シトロエンが1948年に発売した小型車。農民向けの企画された車で、「こうもり傘に4つの車輪をつける。」をコンセプトに、設計にあたっては次の条件を満た…

旅の効用 人はなぜ移動するのか

この本の著者、ペール・アンディションはスウェーデンの人。若い頃からバックパッカーとして旅を重ねて、旅をテーマにした小説やエッセイを書いたり、旅行雑誌を発行したりしている。インドのムンバイが好きで何度も通っている。ムンバイに滞在して市場や路…

3月28日土曜日

13時30分、散歩に出かける。瓢箪町から別院通り、本町へ。六枚町から芸術村の裏を通って、大豆田大橋。橋を渡って左折し、県営住宅、高岡中学前を通って、北陸本線の高架をくぐる。ホクコク地水、和菓子の浦田の工場前を通って、増泉交差点。野町の裏通…

いなさ ホタルイカと蕗味噌

仕事帰りに別院通りの「いなさ」に寄る。 カウンターの正面に掲げてある黒板メニューを見ると、「ホタルイカとふき味噌」と春らしい名前がある。これは食べとかないと。となると、飲み物はまずは日本酒か。お願いすると、富山県の林酒造場の「林 美山錦」を…

黒百合

昨日、実家のある加賀市から金沢まで戻るのに電車を使った。13時47分加賀温泉駅発の普通電車に乗った。1時間ほど、15時前に金沢駅に到着。 久しぶりに金沢駅のおでん屋さん「黒百合」に寄ってみた。 3連休の真ん中なので、コロナウイルス騒動の前までは、…

墓参り

実家の墓参りへ行ってきた。 まずは、金沢駅の百番街へ行き、母から頼まれたきんつば15個入りを中田屋で、お供え物のおはぎ6個を越山甘清堂で買う。百番街2階の食品スーパーで、お昼に食べるお惣菜を買う。えびとブロッコリーのサラダ、イカとおからの煮…

インド哲学10講

「ある」、「ない」。「〜になる」、「〜でなくなる」。「存在」、「非存在」についてのインド哲学各流派の考え方を紹介する。 主要な論点は、まず、何も無いところから、何かが生じて、そこから俗世の諸々がそのように生じるのかということ。 ブラフマンが…

村に火をつけ、白痴になれー伊藤野枝伝ー

伊藤野枝は、1895年福岡県生まれ。婦人解放運動家で、平塚らいてうから「青鞜」の編集、発行を引き継いでいる。日本の無政府主義運動の中心であった大杉栄と、お互い結婚している身でありながら同棲する。大杉との間に5人の子供をもうける。関東大震災後に、…