読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野矢茂樹 の検索結果:

心という難問 空間・身体・意味

…を知覚し、感じている。 素朴実在論でもなく、実体と意識を想定する二元論でもなく、意識だけしかないと考える一元論でもない、著者の考え方を、段階を踏んで丁寧に説明していきます。読んでいて、「もうええわ。」と言いたくなるくらい、丁寧に細かく一歩一歩論証を進めていきます。読者をなんとか結論まで連れて行こうとする執念がすごいです。 その他の野矢茂樹さんの著書はこちら。「論理トレーニング」は、鉛筆片手に問題を解きながら読むと面白いです。是非。 野矢茂樹 の検索結果 - benton雑記帳

語りえぬものを語る

…はない。読む側も根気よく丁寧に段階を追っていかないとついていけない。今回は詳しすぎる註をとばして本文だけを最後まで読んだ。 語りえぬ膨大な知識が「見る」こと(=認識すること)を支えているというところは、無意識の活動が意識(=語りえること)を支えているということなのかと思いながら読んだ。 語りえぬものを語る 作者: 野矢茂樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/07/08 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 32回 この商品を含むブログ (21件) を見る

大森荘蔵 哲学の見本

…、大森の弟子であった野矢茂樹が解説する。ものを見るということだけについても、大森の思想は前期、中期、後期で大きく変わっていく。大森がどう考えて、どのように変わっていったかを、大森の著書を読んだことがない私にもわかりやすく解説する。レンガを積み上げるように一歩一歩積み上げていく過程、積みなおす過程がわかって面白い。 ここで、私が下手な解説をしたところで、ややこしくなるだけなので本の内容には触れない。誰もが一度は気になって少し考えてみるけれど、日々の暮らしにまぎれて忘れさってしま…

新版 論理トレーニング

…していないために、何が言いたいのかよくわからない、とりあえず自分の言いたいことを言っているだけの議論になるというのは、会議でもよくある光景です。 たくさんの練習問題とその回答、丁寧な解説があるので、一人でじっくり勉強してみたい人は是非手に取ってみてください。 新版 論理トレーニング (哲学教科書シリーズ) 作者: 野矢茂樹 出版社/メーカー: 産業図書 発売日: 2006/11 メディア: 単行本 購入: 24人 クリック: 182回 この商品を含むブログ (87件) を見る

ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む

…えるだろう。 もう一回丁寧に読んでみよう。ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む (ちくま学芸文庫)作者: 野矢茂樹出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2006/04メディア: 文庫購入: 14人 クリック: 60回この商品を含むブログ (102件) を見る論理哲学論考 (岩波文庫)作者: ウィトゲンシュタイン,野矢茂樹出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2003/08/20メディア: 文庫購入: 29人 クリック: 278回この商品を含むブログ (201件) を見る

無限論の教室

…羹を切らない限り実在しない。 自然数、偶数、奇数、円周率は無限に連なる数字を生み出すルールと考えることができるが、実数は違う。これといったルールを特定できない。ルール全部をも含む何か。 ゲーデルの不完全性定理は、「私は嘘つきだ。」というような、自己言及文の矛盾と関連があるらしい。 無限論の教室 (講談社現代新書)作者: 野矢茂樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 1998/09/18メディア: 新書購入: 24人 クリック: 198回この商品を含むブログ (163件) を見る

哲学の謎

…る色と、他人が「赤色」だと思ってみている色が、同じように見えているのか?って考えたことありますか?小学生のころそんなこと考えてたら気持ち悪くなったことがあります。写真のネガとポジの関係のように、私の赤が、あなたには緑色に見えていても、お互い辻褄は合うので日常生活では全く問題ありません。哲学の謎 (講談社現代新書)作者: 野矢茂樹出版社/メーカー: 講談社発売日: 1996/01/19メディア: 新書購入: 21人 クリック: 195回この商品を含むブログ (109件) を見る