読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イエローストーン国立公園

1996年頃、カリフォルニアサンノゼに住んでいた時のお話です。まだ子供もいなかったので、長期の休みがとれれば妻とふたりでテントをもって国立公園をまわっていました。9月に遅めの夏休みをとることになり、やっぱり一度は国立公園発祥の地であるイエローストーンに行ってみたいということで意見が一致しました。


サンノゼからイエローストーンまで約1,500km。かなり遠いけれど車で行きました。サンノゼから北上してサクラメント、リノを通って、ネバダの砂漠をひたすらまっすぐな道を西へ。1日目は砂漠の中の町のモーテルで宿泊。翌日はソルトレイクシテイをとおって昼過ぎにようやくイエローストーンに到着しました。


シーズン中はキャンプ場はかなり混雑すると聞いていたので、見物もそこそこに3時頃にとりあえずキャンプ場に入ってテントを設営していました。すると、通りがかりの人が「後ろに気をつけろ。」と言います。何のことかと振り返ると、バッファローが2頭、すぐ後ろのキャンプサイトで草を食べていました。恐る恐る近づいて取った記念写真がこれです。


その日、そこのキャンプ場に泊まったのは、我々と、インド人家族の二組だけ。炊事場に漂うスパイスの香りにインド人はキャンプに来てもカレーを食べるのかと感心していましたが、我々もしっかりご飯を炊いて朝晩だけでなく、おにぎりにして翌日のお弁当にしたのでした。