読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業式

 3月3日の金曜日に息子の高校の卒業式があった。残念ながら私は仕事だったので、妻に行ってもらった。立派な卒業式だったそうだ。

 

卒業式が終わって大きな区切りがついたねと妻と話している。生まれた時、高校卒業までの18年間ははるか彼方のように思ったけれど、今振り返ってみるとあっという間だった。

 

アメリカから日本に帰ってきた翌日に妊娠していることがわかって、茨城で生まれた。妻の両親からも私の両親からも離れた土地で育児をした妻は大変だったと思う。1歳の時に東京、3歳で金沢と引越しが続いた。次々と生活の場が変わってそれに合わせるのは大変だっただろう。そのせいなのか、彼はアウェイの環境に放り込まれてもしぶといようだ。

 

これから我々が彼に対してしてやれることなど知れている。学費を出して、たまに家に帰ってきたらご飯を腹いっぱい食べさせてやるくらいだ。

 

f:id:benton:20170305102554j:image

 

12年前の懐かしい写真。

f:id:benton:20060617104311j:plain

OH LIFE で昼ごはん

風邪をひいて咳が止まらないので、午後の仕事を早めに切り上げた。帰りのバスに乗って武蔵ヶ辻のバス停まで来た時に、ふと思い立ってOH LIFE で昼ごはんを食べることにした。

 

OH LIFE は、いわゆるブックカフェ。食べ物関係の本が並ぶ店内でお茶できる。ご主人が店内で焼いているパンと、スープがおいしい。サツマイモのポタージュとフライドエッグトーストを頼む。

 

ポタージュはサツマイモのほのかな甘みが感じられて美味。真ん中にちょこっと落としてくれた黒ごまが香ばしい。フライドエッグトーストは、厚めのトーストにチリビーンズを乗せて、さらにその上に半熟の目玉焼きが乗っている。とろとろの黄身とスパイシーなチリビーンズが混ざり合ったところがうまい。

 

街中で、おいしいもの食べてのんびりできるお店です。

https://www.facebook.com/ohlife/

人工知能のための哲学塾

著者の三宅燿一郎さんはコンピュータゲームの中のキャラクターを人間らしく動かすための道具として人工知能を研究している人。

 

キャラクターの人間らしい動きって何なの? また、人間らしい動きを成り立たせる、人間らしい心とは何かを考える。考えるためのとっかかりとして、フッサール現象学や、ユクスキュルの環世界という考え方、メルロ・ポンティの身体感覚などを持ち出してきます。

 

テーマ毎に簡単に哲学の考え方を説明して、ゲームに応用すると、こういう風に人間らしくなるんじゃないかと考察を進めていきます。著者がこれまで考えてきたことを吐露していく内容なので、こうすればこうなると明確な答えが書いてあるわけではありません。

 

しかし、人工知能現象学への入り口として、今後自分で調べたり、本を読んでいrくきっかけとして大変興味をかき立てられる本でした。

人工知能のための哲学塾

 

著者には、人工知能の現在をきっちり整理したこんな本もあります。

絵でわかる人工知能 明日使いたくなるキーワード68 (サイエンス・アイ新書)

フッサールの入り口として読んでみたいと思った本

デカルト的省察 (岩波文庫)

 

生物は自分の都合に合わせて世界を見ているという、「環世界」について

生物から見た世界 (岩波文庫)

 

 

ミネストローネ風スープ

娘が食欲ないというので、食べやすいスープをと思いミネストレーネを作った。

 

玉ねぎと人参を大きめのみじん切りにして、ニンニク、オリーブオイルと一緒に鍋に入れて蒸し炒めにします。蒸し炒めというのは、油が全体にまわるくらいに炒めた後は鍋に蓋をして、野菜の水分で蒸らしながら炒める調理法です。そこに、ベーコン、かぼちゃ、ピーマン、きのこ、この前味噌を仕込んだ時に余ったゆで大豆と、トマトの水煮缶を入れて煮込む。トマトの酸味が取れて甘く感じるようになったら出来上がり。

 

仕上げにパルメジャーノレジャーノをふりかけて出来上がり。

f:id:benton:20170226191205j:image

岩波講座 日本歴史 第3巻 古代3

天智朝、天武朝から奈良時代の終わりまでを扱う。

 

律令制のところで「公廨」という言葉が出てくる。「くがい」と読む。もともとは、官衙の建物を指していたが、そこから官衙の収蔵物、収入を指すようになり、官人の給与に当てる収入を指すようになる。公廨稲といえば主に国司の収入を補填するために国司に無利子で貸し出す種籾を指す。

 

「廨」という言葉は現代のお役所でも使われている。役所の出先機関のうち出納業務を取り扱う機関を指す。つまり歳入のある出先機関だ。初めてこの言葉を見かけたときは何て難しい言葉を使うのかと思ったけれど、律令制から綿々と使われ続けられてきた言葉かと思うとなんだか大変ありがたい。

 

唐と日本の律令制の比較で面白かったのは、唐の官人への給与は、身分に対して支払われるのに対して、日本の場合は勤務日数に応じて支払われる性格が強いという点だ。この頃から、長時間働く人の評価が高かったのかい、と突っ込みたくなるプレミアムフライデーでした。

古代3 (岩波講座 日本歴史 第3巻)

 

あっさりラーメン

娘が木曜日から体調を崩して、素うどんしか食べられなかったけれど、土曜になって少し回復したのか、あっさりしたラーメンを食べたいというので少し気合を入れてラーメンを作ってみた。

 

スーパーで鶏の手羽先を12本買ってきて、長ネギと生姜と一緒に鍋に入れてゆでる。40分くらいしたら手羽先を取り出して、関節のところで根元と先端を切り分ける。根元の部分は肉として食べるので冷蔵庫で保管。先端の部分を再び鍋に戻してさらに30分くらい煮込んでダシを取る。

 

鶏スープが出来たところで、ラーメンに使う分を別の鍋に取り分ける。こちらにはパックのかつおだしを追加して、日本酒、塩、醤油で味を整える。

 

中太の生麺を茹でて、丼に入れてスープを注ぎチャーシュー、メンマ、長ネギの小口切りを盛り付けて出来上がり。

 

うまそうにラーメンをすする娘を見ているだけで幸せ。

f:id:benton:20170226163113j:image

サーモス真空断熱フードコンテナー

 ここしばらく職場の食堂でお昼ご飯を食べていたのだが、定食だと揚げ物や炒め物などおかずが少し重たく感じるし、かといって麺類や丼ものだと炭水化物が多すぎるのか午後眠くなる。

 

そこで、弁当を持って行くことにした。小さめのおにぎり一つ。それと、朝ごはんの時に作ってもらった具沢山の味噌汁を保温機能のあるフードコンテナーに入れて持っていくことにした。

 

あったかい汁物のおかげで、おにぎり一つだけでも満足感があるし体もあったまる。朝の味噌汁と同じものを入れれば、弁当のためのおかずを別に作るよりも簡単に準備できる。

 

ミネストローネや中華スープにも挑戦したい。カレーやシチューもいい。雑炊はどうだろう。

サーモス 真空断熱フードコンテナー 0.38L ネイビー JBI-382 NVY

サーモス 真空断熱フードコンテナー 0.38L ネイビー JBI-382 NVY