読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見よう見まねで

「いなさ」のご主人がクレソンのサラダを作っているところを見ていると、クレソンをボウルに入れてオイルを注いでから何度も何度もクレソンを手でかき混ぜてオイルをまんべんなくクレソンの葉っぱ1枚1枚にまぶしている。それから酢と調味料を入れて再びかき混ぜる。しっかり味がなじんでいて、葉っぱを食べているのでなく、ちゃんと料理されたものを食べている感じがする。

 

見よう見まねで同じようにサラダを作ってみた。居酒屋さんでよくあるキャベツを塩昆布とごま油で和えたやつ。もう一つは、キャベツをオリーブオイルと酢で和えて塩コショウで味付けしたやつ。食べてみるとやはり、手でていねいに和えたサラダは違う。葉っぱをお皿に持って後からドレッシングをかけただけものとは全然違う。

 

春キャベツうまかったなぁ。

 

 

ゼブラ サラサドライ 0.7mm

先週から毎日大学ノートに2ページ日記を書くことにした。山田風太郎の「戦中派不戦日記」を読んで、誰に見せることもない日記を書いてみたくなったのだ。誰に見せるつもりもないので思いついたことをひたすら書きなぐっていく。1週間続けてるみたところ、平均30分から40分で書いている。最初は万年筆で書いてみたのだが、あっという間にインクカートリッジを使い果たしてしまうので、ボールペンで書くことにした。万年筆と同じように筆圧をかけなくてもスラスラと書けるようにと、太めの水性インクのボールペンを試した。その中で、このサラサドライはインクがすぐに乾くのが特徴らしい。書いてすぐに触っても指につかない。書き味もいい。しばらくはこれで書いてみる。

ゲルインクボールペン サラサ ドライ (0.7mm) 【ブラック】 JJB31-BK

 

なぜローカル経済から日本は甦るのか GとLの経済成長戦略

大企業と中小企業とで企業を分類するのでなく、グローバルの世界でトップを狙うのか、ローカル経済で着実に稼ぐのかで分類し、それぞれに合った成長戦略を適用すべきという内容。

 

自動車や電機などグローバルで競争せざるを得ない製造業は、雇用人数で言えば全体の2割程度、圧倒的多数の雇用は、商業や観光などのローカル経済に属する。グローバルの世界で生き残るのはオリンピックで金メダルをとるようなもの、そのためには国内のルールを世界標準にして、世界の超一流の人材を引きつけるようにしなければいけない。一方、ローカル企業に向けては、規制緩和によって従業員一人当たりの生産性を上げることを目指す。また、生産性の低い企業は市場から退出してもらい、高い生産性を実現できる、つまり高い給料を払える企業に人を集約する。

 

既に地方では、生産年齢人口の減少によって今後常態的に人手不足となるので、雇用維持を目的とした企業の延命策は不要、むしろ生産性の高い企業に雇用を集約することが地域全体の生産性を上げることになる。

 

現在の状況分析とそれを踏まえた政策の提案、ピシッと一本の筋が通った内容です。特に普通の人が普通に働いて食べていくためにどうすべきかについての道筋を提示しているのがいい。

なぜローカル経済から日本は甦るのか (PHP新書)

 

現象学という思考

現象学面白いわ。

 

意識と無意識。自我。現在と過去、未来。言語、等々について、自明なことから考えを積み重ねていく。自明とは当たり前すぎて普段は意識もしないことだ。目の前のものトマトをトマトと認識すること、トマトが赤いと認識すること。その仕組みを解き明かす。

 

トマトという実体、それをみる私という実体、赤いという本質が先にあるのではなく、それぞれの関係性の中で、全部が同時に立ち上がってくるというのが、現象学学の立場。すべてが移ろいゆくもの、諸行無常を説く釈尊の教えに近い。

 

フッサールの著書を読んでみたいと思った。

現象学という思考: 〈自明なもの〉の知へ (筑摩選書)

 

AI経営で会社は甦る

AIやIoTが今後の企業経営に大事だと思うのだけれど、どういうふうに受け止めて取り組んだらいいのか考えている人は読んでおくべき本。

 

まず、日本はこれから人口がどんどん減っていくので、景気の良し悪しに関わらず人手不足の状況が続いていく。既に飲食や小売業、医療、介護、物流などのローカル経済において人手不足が深刻な状況になっている、というのが大前提。

 

そのことから、今後のAIやIoTの普及は日本にとって大きなチャンスだと言います。なぜならば、既に移民を受け入れている欧米諸国では、AIやIoTによる省力化の成果を社会に実装する際に、大きな反発を受けるが、日本では人手不足が深刻なためそのような反発なしに世界に先駆けて導入できる可能性が高いからだ。

 

また、AIやIoT導入の効果は、既に厳しいグローバル競争の荒波に揉まれ続けた製造業よりも、地域性の強い、サービス業や物流業、医療介護のローカル経済に大きいと言います。

 

一方で、AIやIoTの仕組み自体は、いずれ誰かがデファクトスタンダードを確立することになるだろうから、中途半端に独自のものを作ろうとして消耗するよりも、ベストプラクティスを見極めてうまく利用して商売に結びつけるかが大事だと言います。ポイントは日本が得意なメカ(ハードウエア)の部分とソフトをどうすればうまく組み合わせることができるかだ。

 

電話やインターネットと同じように、AIも普及してしまえばそれが競争条件になるわけでないのだ。

AI経営で会社は甦る (文春e-book)

 

昭和前期の青春

くノ一忍法帖などの忍法もので一世を風靡した、山田風太郎のエッセイ集。この前読んだ「戦中派不戦日記」が面白かったのでこの本を手に取った。

 

この本は、「戦中派不戦日記」に至るまでの風太郎の生い立ちや、生まれ故郷である兵庫県日本海側にある小さな町の思い出が綴られている。ちょっとしたことだけど、同年代の人たちにしかわからないような、出来事が丁寧に書かれているので当時の気分を知ることができて面白い。

 

例えば、子供向けの雑誌「少年倶楽部」を毎月心待ちにして、少年倶楽部が届くと木に登って、グミやナツメの実を食べながら読んだ、という話。私の年代だと、学研の教育雑誌「学習」と「科学」。特に「科学」には蓄音機や写真機など子供の心を鷲づかみにする付録が毎号あって、3日ぐらい夢中で遊んだ。あの付録を心待ちにするワクワク感を自分の息子に伝えようにも、なかなかわかってもらえない。また、祖父の家にはグミの木があったり、近所の空き地にあったナツメの木に登り、ナツメの実を食べたことがあるので、ふふーんと思えるけれど、グミもナツメも見たことがない子供たちに、グミの甘酸っぱい味や、ナツメのサクサクした食感やほのかな甘みを伝えるのは至難のわざだ。

 

なんでもないことは、なんでもないだけに時代が変わると忘れ去れれてしまい、後から掘り起こすのは難しい。日記はそんな細かい時代がの気分を掘り起こす手がかりになる。しかし、人には見せるつもりがない昔の日記と、人に見せる前提で書いている今のブログとでは、書き込まれる内容が違ってくると思う。人に見せる前提だと当然だがあまり尖ったことは書きにくい。匿名にしても読まれることを意識すると微妙に書き方が変わるように思う。

 

大正11年に兵庫県の田舎町で生まれて、敗戦を23歳で迎えた年代が、どんな気持ちで彼らの青春時代、つまり昭和6年の満州事変からの十五年戦争を過ごしたかを知りたい人ににオススメです。

昭和前期の青春 (ちくま文庫)

いなさで野生クレソンのサラダ

汗ばむくらいにに暖かくなり桜も満開となった土曜の夕方、ふらっと、「いなさ」に行ってきた。

 

暖かかったのでまずはビールを頼む。今日はエビスの黒ビール。それと、「野生クレソンのサラダ」、「ホタルイカの天ぷら」をお願いした。

 

クレソンはご主人が山へ行って採ってきたもの。それをドレッシングで和えて鉢に山盛り出してくれた。口に入れてもそんな簡単にクタッとならないくらい茎がシャキっとして葉にも張りがある。山菜のこごみも入っている。春そのものを食べているようなサラダ。

 

2杯目は、富山県の林という日本酒。ホタルイカの天ぷらは、イカわたの濃厚なうまみがお酒に合う。

 

帰り道は少し遠回りをして浅野川沿いの桜を眺めながらぷらぷらと帰った。ごちそうさまでした。