マラソン

今年、金沢マラソンに申し込んだら当選した。参加料も払い込んだ。6月から少しづつ走ったり、筋トレしたりして準備をしてきたつもり。でも、体重が全然減っていない。15キログラムくらいオーバーしている。本番まで残り1ヶ月あまり。せめて5キロは落として本番に臨みたいと思っている。この3連休は、毎日1時間走ったのだけれど、実家の秋祭りに行ってたらふく酒飲んだので、今朝体重を測ったら横ばい。体重は減っていないけれど、体幹を中心に筋トレしているのでお腹は引き締まって、ベルトの穴もひとつ詰めた。

 

昨日本番に向けて、長袖のシャツやらタイツをスポーツ用品のお店で物色してきた。大会が近づいてきたからなのか、マラソン用品を買い求める人で賑わっていた。少し涼しくなったからなのか、朝晩は街中を走っている人が、目立つようになった。

 

あまり走り込み過ぎると、右膝が痛くなるので無理をしないようにやわやわと走っている。どういう具合に一歩を踏み出せば一番負担が少ないか、楽に前に進めるかを考えながら走っている。体全体の力を抜いて、リラックスして走ると楽に前に進めるように思う。

プラハの墓地

「シオン賢者の議定書」という20世紀初め頃に流布され、世界中に大きな影響を与えた文書がある。史上最悪の捏造文書とも言われるもので、ユダヤ人の指導者たちがプラハの墓地に集まって行った秘密会議の内幕を描き、その会議で、ユダヤ人が世界支配を目指すことを確認したという内容だ。

 

世界各国で翻訳され、 ナチスユダヤ人迫害にも影響を与えたと言われている。日本語にも翻訳され、戦前、戦後の日本人のユダヤ人観にも影響を与えている。

 

この「プラハの墓地」はウンベルト・エーコが「シオン賢者の議定書」が、主人公のシモーネ・シモーニによって捏造される過程を19世紀末のイタリア、フランスの実際に起こった事件を織り交ぜながら描いた小説。主人公以外の登場人物は全て実在の人物だ。

 

○○人は〜だ。とか○○県民は〜だ。というようなものの言い方には気をつけたい。○○人という括りに、合理性があるわけでもなく、それぞれが信じたい都合のいい内容を繰り返し言っているに過ぎないことが多い。もちろん全員に当てはまるわけもない。引っ込み思案のアメリカ人、きっちりしてないドイツ人はいる。

 

特定の集団にある一定の傾向があるにしても、それが素晴らしいとか、ダメだとか一概に言えるわけでもない。いい面があればそれと裏腹に悪い面が必ずある。

 

どこの国もそこそこ同じくらいと考えておけば間違えることもない。

 

プラハの墓地 (海外文学セレクション)

柿の葉寿司

9月16日、17日は実家の秋祭り。石川県の加賀市あたりでは、秋祭りには柿の葉寿司を作ることになっている。その年に収穫した新米を寿司にして腹一杯食べるのだ。

 

酢でしめた鯖や鮭を柿の葉っぱの上に置いて、その上に、一口大に軽く酢飯をのせる。酢飯の上には、紅生姜、干しエビ、青く染めた海草をのせる。この青く染めた海草は、柿の葉寿司でしか使ったのを見たことない。

 

あとは押し寿司の型に入れて半日ほど熟成させれば完成。翌日になって鯖の油が寿司全体に回った頃が私は好み。

 

5合の米で、60個くらいできた。

f:id:benton:20170918093854j:image

ありがとう、トニ・エルドマン

コンサルタント会社でバリバリ働いている娘。少し頑張りすぎの娘を心配して、父親が娘の勤務先であるルーマニアブカレストを突然訪ねるというお話。

 

悪ふざけする父親はそんなに面白くないし、パーティで場違いな会話をすると娘の立場でイライラする。まとわりつく父親と娘は最後までギクシャクしているけれど、少しずつ近づいていく。

 

ハリウッドや日本の分かりやすい映画に慣れていると、話の展開が微妙すぎて物足りないと思ったのですが、映画館を出て歩きながら振り返っているうちに、じんわりと効いてきました。

 

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』公式サイト

肉じゃがと鯖の味噌煮

野崎洋光さんの「美味しい法則」を見ながらその通り作ってみました。

 

この本では、肉や魚、野菜も調理する前に一度お湯をくぐらせることを勧めている。アクも取れるし味も染み込みやすくなる。

 

肉じゃがは、ジャガイモも人参も糸こんも湯通しする。その後に同じお湯で豚バラ肉も霜降りする。野菜はひとくち大と少し小さめに切ってあるので、煮込む時間は短め。食べてみると、確かにスッキリした味わいで、肉も肉の味、食感が残っていてうまい。

 

鯖の味噌煮も、まず鯖の切り身を湯通しする。味噌や酒などの調味料をあらかじめ混ぜておいて、鯖を入れてから火にかける。煮込むのは5分くらい。付け合わせに長ネギとゴボウも一緒に煮る。まことに上品な、スッキリした味わいの味噌煮でした。

野?洋光が考える 美味しい法則

移民の運命 同化か隔離か

イスラーム世界の論じ方」の中で、池内恵さんが言及していた本。

 

著者のエマニュエル・トッドは人類学者で、フランスの国立人口統計研究学院資料局長。

 

移民がどのように受け入れられるかは、受入国側と移民側それぞれの社会システムによって決まる。社会システムというのは、家族制度のこと。つまり兄弟が平等に親の遺産を相続するのか、長男が全て相続するのか。女性の地位は強いのか、弱いのか。父親の権威が強いのか、弱いのかなど。

 

フランスは、普遍主義(=人種や民族を超えて、基本的に人間はみんな平等という考え)の国で、北アフリカからであれ、黒人であれ、アジア系であれ、移民と結婚して何世代か後には同化してしまう。これは兄弟が平等に相続するという家族制度から、人は平等という考えが基底にあり、移民ともこだわりなく結婚できることによる。ラテン系の国、ロシアや中国もこのタイプ。

 

一方、イギリスやアメリカは、差異主義(=人種や民族によって人間は違うという考え)の国。親の遺言によって誰がどう相続するかが左右されることから、人によって違うという考えが基底にある。受け入れ国側において、移民が違う種類の人と認識されると、婚姻関係を結ばれることなく、民族として隔離されることになる。ただ、違いをそのまま受け入れてくれるので、社会の中で移民コミュニティを作ることを容認する。

 

ドイツや日本は、長男だけが相続し父親の権威が強い国。差異主義であり、移民は自分たちと違うということで、差別や排斥しようとする動きが出やすい。

 

家族制度が、それぞれの社会における根本的な人間に対する見方を決定していて、そこから移民に対する態度も決まる。これは私にとって初めての考え方。非常に興味深く読めた。

移民の運命 〔同化か隔離か〕

増補新版 イスラーム世界の論じ方

この本は、2004年から2016年にかけて著者が新聞や雑誌、学術誌などに発表してきた文章をまとめている。一般の読者向けにわかりやすく書いたものから、専門家向けの少し歯ごたえのあるものまで収められている。

 

著者が本書で何度も繰り返し言っているのは、

  • イスラム教徒であるということは、コーランを頂点とするイスラムの教えの通りに生活するということ。それは信仰上の生活だけでなく、何を食べるかなどの日常生活や、国をどのように統治するかを決める政治も入っている。つまり、政教分離という考えは、イスラム圏にはないのだ。
  • だから、政教分離を建前とする欧米諸国と、イスラム教国では根底から考え方が違うので、よく話し合えば共通点が見つかってお互いに理解し合えるという問題ではない。
  • フランスが公の場所でのヒジャブ(女性が身体を隠す布)の着用を禁止したのは、信仰は自由だがそれは内面的な生活に限ってのこと。社会生活において宗教的なものを誇示するようなことはすべきでない。という考えに基づいたこと。フランス社会の根本原則に従わない人は受け入れられないという姿勢を示している。
  • 日本でイスラムを語る人の中には、アメリカを批判したい気持ちが裏にあって、それを強調するためだけに、イスラム教国に肩入れする人が多い。ちゃんとイスラムのことをわかっている言説は非常に少ない。

イスラム世界について考えてみる際の入口としてぴったりの本です。

 

増補新版 イスラーム世界の論じ方