読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつも「時間がない」あなたに  欠乏の行動経済学

明日に仕事の締め切りが迫っているのに全然できていない。時間が足りない。借金の返済期限が迫っているのに急な出費でお金が足りない。好きなだけ食べたいけれど、ダイエット中で十分食べられない。あたたかい人間関係が足りない、恋人や友達がほしくてたまらない。

 

こんなふうに何かが足りない、欠乏していると主観的に思ってしまうと、そのことが頭を離れななり、心の中の優先順位の1番を占めてしまう。そうなると、

  1. 集中力が高まり、問題解決のための土壇場の馬鹿力が発揮できる。
  2. 欠乏していると思っていることに集中するため、それ以外のことが頭に入ってこなくなり、いろんなことに対処する能力=処理能力が落ちる。

欠乏に追い込まれると一時的に1.の良い効果もありますが、長期的には2.の悪い影響が強くなるそうです。処理能力とは、認知したり論理的に推論する能力、自分の気持ちを制御して、優先順位をつけて段取りよく処理する能力のことです。能力の低下は、自分の心がけでどうにかなるものでなく、無意識のレベルのミリ秒単位の反応速度においても著しく低下するそうです。著者は、学生にゲームをやらせて実験したり、現実に貧困に困っている人を調査して、この仮説を検証していきます。

 

貧困に苦しんでいる人は、怠惰で能力がないから貧しいのではなく、貧しいから、仕事が手につかず、無能だと思われるし、貧しいから自分の感情を制御できず無断欠勤して、怠惰だと思われるようになるのだ。

 

貧困対策を立案する上では、貧しい人たちの心がけや処理能力に頼るような施策を避けなければうまくいかない。また、自分の仕事をうまくやっていくためには、自分の処理能力の総量は限られているのだから、睡眠や食事の時間を削って無理すると、しっぺ返しがくる、処理能力を無駄遣いしないようにというのが結論。

 

何かが欠乏している。もっともっと欲しいと思うのは、執着すること。執着が苦の始まりという仏教の考え方と同じじゃないかと思った。

 

いつも「時間がない」あなたに: 欠乏の行動経済学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

くらつき

息子 料理

来週は、年度末でいろいろと忙しくなりそうなので、今日は年休をとった。

 

今年大学受験したものの惜しくも浪人が決定して家でゴロゴロしている息子と一緒に図書館に行った。息子は自習室で勉強、私は面白そうな本がないかと物色する。寮に入って東京の予備校に通ったらと提案したが、彼は生活環境を変えたくないし仲のいい友達もこちらに残るからと、金沢で予備校に通うことに決めたのだ。いろいろ心配事は尽きないけれど、本人が決めたことだから私はできる限りサポートするだけ。

 

昼ご飯はせせらぎ通りにある「くらつき」という洋食屋さんに行く。ここは揚げ物やハンバーグなどの日替わり定食、カレー、オムライスを出すお店。メインの料理はもちろん、付け合わせのマカロニサラダや味噌汁、漬物も丁寧に作ってくれていておいしい。何よりご飯がおいしいのがうれしい。息子は日替わり定食、今日は鶏肉のカレー煮込み。私はカキフライ定食を食べた。カレー煮込みは骨付きのもも肉を、カレーで煮込んだもの、一緒に大根やさつま揚げも煮込んで会って、見た目はカレーおでん。カキフライは大粒の牡蠣を薄めの衣でカラッと揚げてあってうまい。お店の方に、是非醤油で食べてと言われて、レモンを絞ってチョロッと醤油をたらして食べてみる。うまい。

 

お店の見た目は地味ですが、地元に根付いたいいお店です。近所のサラリーマンがひっきりなしに入っていました。

岩波講座 日本歴史 第4巻

奈良時代から平安前期ごろまでの歴史。唐の威光にかげりがでてきて、政治制度や文化、宗教において唐を丸写しする時代から、少しづつ日本の独自性が出てくるころだ。

 

人や田の状況を把握するために戸籍や田籍を整備し、それに基づいて人々に口分田を与え、租庸調の税を徴収する。国によるこのような全国一律の土地支配制度は、最初はある程度維持されたものの、皇族、有力貴族や寺社が、屯倉や荘園などの私有地を拡大しようとする動きに骨抜きにされていく。国が地方に派遣する国司みずからが荘園拡大のお先棒を担ぐようになる。そして、10世紀ごろには口分田の供給も全く行われなくなる。

 

日本の王権は、大陸や朝鮮半島からの渡来人、国内の地方勢力など、各方面との妥協の上で維持されている印象がある。一方、中国大陸は、徹底的な闘争の果てに権力を掌握した皇帝が、国全体を強力に支配するイメージが。そんな唐の均田法をまるごと取り入れても、なかなかうまくいかないのかもしれない。

 

北陸にも東大寺領がたくさんあったようなので、荘園にテーマを絞って何か本を読んでみたい。

古代4 (岩波講座 日本歴史 第4巻)

さらば政治よ 旅の仲間へ

渡辺京二さんといえは、幕末から明治に日本を訪れた西洋人が書き残した旅行記などから、当時の日本の姿を再現した「逝きし世の面影」が印象に残る。そこには、封建制の抑圧に苦しみ貧しい悲惨な庶民の生活があるかと思いきや、掃除が行き届いた清潔な家、こぎれいな街並み、 いい体格をした、よく笑い人懐っこい農民や町人、元気で幸せそうな子供たち。まさに目から鱗の本です。

 

この本は、渡辺京二さんの新聞や雑誌への寄稿と読書日記、マイケル・ポランニーについての講義が収められている。

 

全体をざっくりとまとめると、政治向きのことに関してみんな素人なのにギャーギャー騒ぎすぎ。国家が大事なのはわかっているけれど、政治のことは専門家にお任せして、国とのかかわりは、税金を払ってその分のサービスを受ける程度の最小限にしたい。人口が減っても、経済大国でなくなっても、オリンピックでメダルがとれなくても、そんなことは、それぞれの生活の質にはたいした影響ないんじゃない? それよりも、普通の人はそれぞれの本分にそっていいものを作り、仲間と交流して質の高い生活を目指すべきじゃないか。 という内容。

 

ポランニーについての講義録は、ヨーロッパで極右勢力が台頭していることやアメリカ大統領選挙でトランプが当選したこととからめて読むと興味ぶかい。

 

ポランニーは市場経済というのは太古の昔からあったが、それは、対外貿易や臨時の市場など限られた場で、しかも社会から慎重に制御されたものだった。人々にとっては互酬、再分配、家政による経済活動が重要だったと言います。そして、18世紀以降これまでつづいてきた、市場経済自由主義経済の発展の過程は、互酬、再分配、家政を支えてきた、血縁・隣人・同業者組合・信仰といった非契約的な組織を解体しつづける過程だった、と。

 

また、ポランニーは、自由主義経済を社会進化の必然の到達点ではなく、何かのきっかけで市場が暴走してしまった突然変異のような社会であるとと位置付けます。当然そこでは、旧来の社会を支えてきた、血縁・隣人・同業者組合・信仰を守ろうとする反発、「社会防衛運動」が起こると言います。その「社会防衛運動」が、ラッダイト運動であったり、地主階層の反発だと。

 

最近のイスラム原理主義や極端な民族主義、トランプ大統領もそんな流れの一環なのかと思った。頭では市場経済が効率的でいいとはわかっていても、そんなものに全面的に身を任すわけにいかないという肌感覚というか予感が世の中にあるんだろう。だから、それらの動きは一時的なものでも、簡単に制御できるものでもない、人間の本性に基づいた根本的な動きだと覚悟しておいたほうがいいんだろう。

 

ところで、渡辺京二さんは、河合塾の福岡校で1981年から2006年まで25年間にわたって現代文を教えている。私は1984年に河合塾名駅校に通っていた。人気がある講師には、200人の教室が満員になって立ち見がでるくらい生徒が集まるけれど、つまらない講義はどんどん出席者が減っていく、あの厳しい予備校の世界で25年も講師やってるんだから、さぞかし面白い講義だったんだろう。

 

さらば、政治よ: 旅の仲間へ

 

benton.hatenablog.com

エルパソの焼菓子

料理

 日曜の午後4時、東山まで歩く。春の観光シーズンなのか、茶屋街の通りは人があふれんばかりの賑わい。人が多すぎて列をついて歩いているような状態。

 

のんびり本でも読もうと、賑やかな通りから5分ほど歩いたところにあるエルパソという洋菓子屋さんに行く。ここは2階でお茶とお菓子を食べられるようになっている。1階のショーケースで、洋梨のタルトとコーヒーを注文して2階に上がる。渡辺京二の「さらば、政治よ 旅の仲間へ」を読む。この前来た時は、地元のグランドゴルフの仲間、10人くらいのおじいさん、おばあさんがいて大変賑やかだったが、今日は私以外にはお客さんはなく静かに過ごす。時々、1階にケーキを買いにお客さんが来る。

 

1時間くらい本を読んで帰ってきた。写真は、持ち帰って家で食べたお菓子。外側はサクサクのクッキー生地、中は柔らかいケーキ、上に乗っている赤い粒々は、ベリー系の何か、甘酸っぱい味がしました。

f:id:benton:20170312185107j:image

心という難問 空間・身体・意味

 

私には赤色に見えている海に沈む夕日は、隣に座っている人にも同じように見えているのかしら。太陽の光が目には入って網膜に捉えられ、その信号が脳に送られて赤いと感じられるのであれば、各自の脳の処理の仕方によって、それぞれが全く違う景色を見ているのではないか。そもそも、光の実体などなくて全ての意識経験は脳が作り出しているんじゃないか。ビーカーに浮かんだ脳が私の意識経験の全てを作り出しているのでは。

 

というような、疑問を抱いたことがある人にオススメの本。私は小学生の頃そんな考えにとりつかれたことがあります。

 

この本で、著者はそんなことない、

私は世界そのものを知覚している。目の前の一本の気は確かに実在し、私はその実在する木そのものを見、その梢で囀っている鳥の声そのものを聞いている。また、私の周りにいる他者たちも私と同様にさまざまなものごとを知覚し、感じている。

 

素朴実在論でもなく、実体と意識を想定する二元論でもなく、意識だけしかないと考える一元論でもない、著者の考え方を、段階を踏んで丁寧に説明していきます。読んでいて、「もうええわ。」と言いたくなるくらい、丁寧に細かく一歩一歩論証を進めていきます。読者をなんとか結論まで連れて行こうとする執念がすごいです。

心という難問 空間・身体・意味

 

 

その他の野矢茂樹さんの著書はこちら。「論理トレーニング」は、鉛筆片手に問題を解きながら読むと面白いです。是非。

野矢茂樹 の検索結果 - benton雑記帳

kindle風呂

風呂場にkindleを持ち込んで、湯船に浸かりながら読書すると大変心地よいことに、最近気がついた。

 

防水のため、kindleジップロックに入れる。中くらいの大きさのジップロックの間口がkindleの縦の長さとぴったり同じなので、手に持った時にぶかぶかしなくていい。

 

湯船に浸かり本を読む。風呂の蓋を半分閉めて、蓋をテーブル代わりにして肘を支えながら読むと姿勢が楽だ。そうすると半身浴の姿勢になるので長時間使っていてものぼせない。

 

何もなしで湯船に浸かると、5分もじっとしているとイライラしてくるのだが、本を読んでいると30分でも1時間でも気にならない。1時間もすると全身から汗が噴き出して、体の芯から温まる。

 

これまでも時々、いらなくなった雑誌や文庫本などを風呂に持ち込んで読むことがあったが、どうしても湿気を吸い込むので紙がシワシワ、ゴワゴワになって後で悲しい気分になる。kindleならそんな心配もいらない。

 

昨晩も1時間以上kindleで読書しながら風呂に浸かっていたので、今朝目覚めた時、心地よい疲労感とともに、体の奥の緊張がほぐれた感じがした。